MENU
medical_02

一般歯科

あなたの治療方針を、院長がきちんと説明いたします

一本の歯を治療するにしても「周りに歯茎の状態」「かみ合わせはどうか」「かみ合っている歯の形態」など診査し口の中全体、大きくは身体全体を診ながら進めます。

もちろん診療を行う前に充分な説明を行ない、患者様自身に理解、納得していただいた時点で治療を始めます。またできる限り痛みの少ない治療を目指してまいります。

小児歯科

小児だからといって手を抜きません
小児だからこそ大切に治療を進めます

「歯医者さんって子供の頃から苦手~」
この意識は、いつ頃から潜在したのでしょうか?
子供達は初めて歯科医院の扉を開けた時、見る場所、接するスタッフ、聞く音、嗅ぐ臭いなど初めてづくしで「何が起こるんだろう」「何をされるんだろう」不安と混乱で、口を開けている場合ではないのです。泣きたくもなります。

小児歯科専門の医師の中には“中々治療ができない子”と判断して、強制器具(ネオ)を用いたり、スタッフが体を押さえつけてなんとか治療を終わらせようとします。
これは歯医者さん嫌いになって当たり前、当院では不安がいっぱいのお子様を無理矢理治療するというようなことはいたしません。

まず歯科医院に慣れてもらうことが第一と考え1、2回はブラッシング指導を行ったり、治療台にどんな機械があるか例えば、エアーを吹いてみたり、水を勢いよく吸うバキュームを口に入れてみたり、子供の好奇心をくすぐるところから始めます。
恐くないんだ。面白い所なんだと思ってもらえるよう対応します。
(お子様よっては、多少強引に進めさせていただく場合もあります。治療はお子様の性格に合わせて治療いたします。)

医院に慣れていただいたところで、治療を開始いたします。
当院ではできるだけ痛みを感じない様に治療に笑気鎮静法を行ったり、麻酔する時も注射針をお子様の目に見えない様工夫し、注射分からない様に行います。
ある程度、物事を理解できるご年齢のお子様には、一つ一つ説明し納得の上で治療できればと思っております。
治療する上で私共の力だけでなく、親御様のご協力とご理解が必要不可欠だということは言うまでもありません。

予防歯科

予防は家庭から

歯科医師と歯科衛生士がタッグを組み、チーム一丸となって虫歯や歯周病の予防を行います。

ブラッシング指導や食事指導から始まり、小児においてはフッ素塗布(※)、シーラント(※)などの処置を行います。時にはフッ素洗口をおすすめすることもあります。

成人の場合、歯周病の治療が一段落した後、健康な歯肉の維持歯周病の再発防止のために、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)などを使い、専門家による歯苔除去、歯面清掃を行ったりします。

※フッ素塗布:フッ素を歯に塗ることで虫歯の原因なる「酸」への抵抗力を強くし、虫歯の予防や進行を抑える働きがあります。
※シーラント:歯には歯ブラシの届かない細く小さな溝があります。特に生えたての歯は虫歯になり易すいため、その溝をきれいに清掃しシールで塞ぐことで、バイ菌や食べ物が入らないようにします。

PDT(ペリオウェイブシステム)治療

薬を使わない光による殺菌システムです

PDT(photo dynamic therapy)は光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。
この光は人体に安全で痛みもありません。

PDT治療の原理はバイオシェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。
このバイオシェルは光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させることができます。この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

 

PDT治療の特徴

■薬を一切使用しない
■耐性菌が発生しない
■副作用が起こりにくい
■全く痛みを伴わない
■手軽に何回でも処置できる

適応症

■歯肉炎、歯周炎
■インプラント周囲炎
■ヘルペス
■口内炎
■カンジダ症

移植・再植

あなた自身の歯を、あなた自身のお口の中に植え替えます

<移植>
自らの親知らずなどの歯を使い、抜けてしまった大事な部位のところに植え替えることなのです。利用できる人は限られますが、合えばこんなすばらしい方法はありません。

<再植>
例えば事故で前歯が抜けてしまったような時、いち早く歯科医院に持ってきていただければ、元に戻すことが可能な場合があります。
その際、生理食塩水などに入れて来るか、それができなくてもティッシュを水でぬらし、その中に包んでくるなど乾燥させずに早く来ていただければ良いです。

笑気吸入鎮静法

雲の上で治療されてみませんか?

歯科治療に対して、言いようの無い緊張や不安に襲われることは無いですか?
そのような時、笑気吸入鎮静法を行います。
笑気ガスを鼻から吸っていただくと、気持ちがリラックスして過度の緊張や不安を和らげることができます。まったく痛みを感じなくなるというわけではありませんが、ストレスを緩和し心地よく診療を受けていただく道具として取り入れています。

小児の麻酔時、必要に応じて使用します。お子様によっては、笑気ガスを吸っている間に眠ってしまい、夢うつつで診療が終わっているということもあります。
大人の方もお気軽にお申し出ください。なお笑気ガスの効果には個人差があります。

歯牙の冷凍保存

抜歯した歯を将来のために冷凍保存しませんか?

将来なんらかの事故や虫歯などで抜歯せざるおえなくなった場所に冷凍保存しておいた歯を移植できる可能性があります。また歯の神経が残っている状態で冷凍保存できれば、将来の再生医療進歩において、それを利用して難治性疾患(神経・骨・筋肉・皮膚などの難病)の治療に活かせる可能性があります。

このような観点から智歯(親知らず)、矯正治療のため抜歯した歯を冷凍保存することは、ひとつの将来への投資と考えられないでしょうか。
今は必要のない歯を将来に活用できるものにしていける技術があることを知り、選択肢の一つとしてお考えいただければと思います。詳しくはご相談ください。

キアテック治療

歯科医院ですが体の歪みを取り、自然治癒力を高めます。

全身とかみ合わせの関係を考えた時、かみ合わせが悪くなって体が歪む場合と、体が歪んでかみ合わせがおかしくなった場合によって、いくらかみ合わせを治しても期待した効果が得られない場合があります。

そこで当院では身体自身を正す方法として、キアテック治療を行っています。
これは身体に気を通すことによって身体の歪を治し、血流の流れなども良くします。
これにかみ合わせ治療を併用することで、より幅広い治療を心がけています。

© 2017 高橋歯科 trendmake