MENU
kamiawase_02

実はバカにできない顎の以上

顎関節症の一般的症状は口が開きにくく、少ししか、開かなかったり、痛みをともなったり音がしたり、顎をずらさないと大きく開けられないなど様々です。
私が考える顎関節症の根本的問題は、顎関節の顆頭の位置が上下の歯がしっかりかみ合った時、正しい位置におさまっていないことが、主な原因だと思っています。
私の役割は正しい位置を見つけ、いつもその位置で咬めるように、戻してやることです。

その為には、かみ合わせを変えなくてはなりません。
顆頭の位置のずれが、ほんのわずかなら、個々の歯を微妙に調整しズレを修正します。 位置が大きくずれていれば、正しい位置に戻すために、合成樹脂のかぶせ物を作ったりして顎の位置を動かしたりもします。

その症例・症例によって治療方法も様々です。ともかく正しい位置に顎関節の顆頭に戻してあげれば、自然と症状は軽減していきます。
そして最終的に顆頭が正しい位置を保てるよう、かみ合わせを作ってあげることが重要なことなのです。

「かみ合わせ治療」の際は些細な部分も診ております

かみ合わせ治療とは大まかに言えばかみ合わせが原因で、全身に色々な症状が出てきてしまうのを治していくことです。 例えば「顎関節症がひどかったのが治療もしなくて症状がなくなった」場合、もちろん自然治癒したのかもしれませんが、それから肩こりや腰痛がひどくなったりしているかもしれません。
または顎関節をかばって全身のバランスをとるために、他の部位に負荷がかかった結果かもしれません。

かみ合わせ治療の場合、大きな視野で些細な部分を見ていかなくてはいけないと思っています。

© 2017 高橋歯科 trendmake